引越し先のライフライン

結婚をきっかけに引っ越しをしました。将来、子供ができた時のことを考えて広い借家に引っ越しました。

引越しをする上で気にしたことは、マンションだとお隣さん・上下階の住民に気をつかわなければならないので、一戸建ての借家に決めました。家のまわりに広い敷地があり、隣の家も距離があるので、子供が産まれて泣き声などが響いても隣の家までは聞こえないので、のびのびと子育て・生活が出来るのがとても良かったと思います。

引越しで苦労したことは、古い家なので暖炉用の煙突しかなく、リビングにストーブ用の穴がなかったことです。借家なので穴を開けることも出来ず、ポータブルストーブで毎年冬を越しているのが寒くて大変です。雪が降る地域なのと、小さな子供がいるので苦労しています。もちろんエアコンもつけれないです。

小さな町なのでコンビニがなく、日曜日が定休日の小さな商店が1件とソバ屋が1件くらいしかお店がないため、引っ越し中にガムテープなどが足りなくて隣町まで買いに行かなければならなかったのが大変でした。

その経験から、もしまた引っ越しすることがあれば前もって必要な物は用意しておこうと思いました。家賃がとても安くて即決で決めてしまったので、暖房器具はつけれるのかはしっかりチェックしたいと思いました。

あとは、次に暮らす時はコンビニがある地域が良いと強く思います。コンビニがなくても、最低限のスーパーがあればと思います。小さな子供がいると、何日も雪が続いて買い物が行けないと離乳食もままならず、歩いて行ける距離にお店がないと大変だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>